スバルインプレッサWRX 1994 New Zealand Vol.2

気がつけば2年以上も放置してしまいましたね。。。私生活面ではいろいろが変わりましたが、やっと模型製作も再開できるようになりましたので、またあらためて更新していけるハズ…と思います。

さて、前回からの続きといきたいところですが、すでにボディはデカール貼りまで終了してしまいました。。。

a0163455_22411519.jpg

加工したボディはサフ吹き後、下地を均してからクレオスのフタロシアニンブルーで塗装し、さらに軽くクリアーコートしたうえにデカールを貼っています。

a0163455_22421150.jpg

555」のロゴ等は過去にストックしていたシュンコーのデカールを使いました。以前、ランエボとST185を製作したときのシュンコーデカールはとても硬くて割れやすい印象でしたが、今回のデカールは比較的貼りやすく、軟化剤もよく効いてくれました。

それでもやはりインプレッサのボディにはあちこちに凹部分があって、きちんとデカールを密着させるのが難しい。。。軟化剤とお湯を浸したガーゼで根気よくじっくりやるしかありません()

なお、ゼッケンとラリープレートはキット付属のデカールを使用しましたが、思いっきり下地が透けてしまったので、急遽ホワイトデカールを下貼りしています。付属のデカールもカルトグラフのようですが、どうなのでしょうか??

a0163455_22422653.jpg
ボンネットの切り離したルーバー部分も裏から仮止めして、軟化剤とお湯でじっくりデカールをなじませました。最後に数カ所、色合わせしたイエローでタッチアップしています。

デカールの糊や軟化剤を洗浄して、よく乾燥させてからクリアーコートします。


※~補足~※

今回、ほとんどシュンコーのデカールを使用して、ゼッケンやラリープレートのみキットのデカールを使ったのですが、よく見るとゼッケンデカールの「Rothmans」ロゴが再現されてなかったのですね(ブルー帯部)。。。

事前に何度も資料とデカールを見比べて確認していたのに、完全に見逃していましたよ(とほほ…)。シュンコーからは過去にニュージーランド仕様のデカールが出されていて、それにはちゃんと「Rothmans」が再現されているようです。

ここはちょうど貼っている途中で気づいたのですが、もう、今回は目をつぶってしまうことにしました。。。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by penteco3821 | 2017-01-23 22:52 | インプレッサWRX ’94 NZ | Comments(0)

おもにクルマの模型製作を紹介するブログです。グループAのラリーカー製作がメインです。


by penteco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31